赤ちゃんの行動が発達するしくみ

赤ちゃんの行動の発達過程

メンタルリープに入るたびに、赤ちゃんには新たな知能が芽生えます。これは脳の成長によって自然と起こるものなので、その知能を得るためにやらなければならないことは特にありません。ちなみに生後一年間で 8 種類の知能が芽生えます。そのたびに赤ちゃんは今まで知るよしもなかった物事や感覚を理解し始め、新しいことがたくさんできるようになります。

このように赤ちゃんの行動の発達は各リープで芽生える知能と深く結びついています。そのため対応するリープを迎えていない行為はいくら練習させてもできるようにはなりません。ちなみに一歳までに訪れる各リープで、赤ちゃんには「五感」「パターン」「推移」「出来事」「関係」「分類」「順序」「工程」を認識する知能が芽生えます。

赤ちゃんの発達と個性

メンタルリープがきっかけで可能となる行為はたくさんあります。ただしリープをとげたからといって、対応する行為を急に全てできるわけではありません。赤ちゃんは色んな物事を並行して学ぶことができません。同じ時期に取り組める行為はせいぜい 1 つか 2 つです。ちなみに真っ先に取り組むのは、その時々に最も興味を引かれた行為です。あまり興味のわかない分野は後回しにされます。このように赤ちゃんは自分の個性に合った物事から取り組み始めます。そのため各リープをとげた後にどんな行為に興味を持つのかを観察していると、その子の持つ個性や得意分野が見えてきます。

メンタルリープ研究所のブログ ~赤ちゃんのぐずり期を成長の喜びに~

ワンダーウィーク公式BLOG:本の抜粋や研究者の知見など ※無料のリープアラームの登録ページ

0コメント

  • 1000 / 1000