1歳1ヶ月/55w週のメンタルリープ8とは

55 w週 (生後 13 カ月に入る) 頃に、第八メンタルリープ「工程の世界への入口」がやってきます。お子さんの 1 歳の誕生日はどうでしたか。生まれて初めての誕生日は、お子さんが赤ちゃんから幼児になったという点でも特別な意味があります。とはいえ実際はまだまだ赤ちゃんで、学ぶことがたくさんあります。今回の工程の世界はとても探求しがいのある感覚世界です。今のお子さんはもう随分とあちこち動き回れるようになり、自分からどんどん興味を持った物を探求しに行っていることでしょう。

最初の誕生日を終えてまもなくした頃に起こる神経系の急激な発達によって、子どもは物事の工程を探求し始めます。それがきっかけで物事に自分なりの方法で取り組むようになり、だいぶ一人前の人間らしくなります。よく見ていると立派な幼児の思考が芽生えたのを感じるはずです。

この感覚世界に入った子は、一連の手順を 1 つの物事として捉え始めます。工程には広い意味があるので、ここでの意味を説明しておきましょう。赤ちゃんがリープ 7 で対応できるようになった順序は決まった出来事が同じ順番で起こることでした。そこにパターンのある簡単な状況判断が加わるのが行程です。つまり工程は基本的な順番が決まっているものの、その場で起こった出来事によって次にする動作が変わるのです。

子どもが工程のリープの第一フェーズに入ってぐずりやすくなるのは生後 49~53 w週頃からです (w週は出産予定日からの週数で、ワンダーウィークと読みます) 。その直前の生後 12 カ月頃に、脳波とブドウ糖の代謝が変化します。また同時期に頭がぐっと大きくなります。それらを経て明らかな進歩が見られる、お天気フェーズは生後 55 w週頃に始まります。この時期を境に子どもの行動は飛躍的に進歩します。しかし実際にいつ何ができるかは、その子の興味、取り組み方、体の発育によって大きく変わります。たとえば作業の工程を理解できるのであれば、お皿を洗ったり、掃除機をかけられるはずです。しかし実際に、そのお手伝いができるのは生後 55 週頃の子もいれば、その数ヵ月後の子もいます。

メンタルリープ研究所のブログ ~赤ちゃんのぐずり期を成長の喜びに~

ワンダーウィーク公式BLOG:本の抜粋や研究者の知見など ※無料のリープアラームの登録ページ

0コメント

  • 1000 / 1000